効果を上げるDM発送術

DMの効果を高める文章テクニックとは?

DM(ダイレクトメール)の役目はお客様からの反応を得ることですが、その効果を高めるのが文章テクニックです。説得力のある文章の作り方や、商品の魅力を伝えるDMにするための文章テクニックをまとめました。

DMの文章に説得力を持たせる構成テクニック

文章の構成は、わかりやすくするのが理想です。DMの場合はさらに、お客様の心を動かすだけの説得力が求められます。

件名とリード文で心をつかむ

まず大事なのは件名。件名次第で、DMの文章が読まれるかどうかが大きく変わります。「お客様の好奇心をかき立たてる」、または「お得であること」が伝わる文言を盛り込むのがポイントです。文章の出だし(リード文)も同様に大事なので、件名とリード文の二段構えでお客様の心をつかみましょう。

プレゼンの構成手法を使う

説得力のある文章構成が、プレゼンテーションでも欠かせないのはご存知でしょうか?プレゼンで用いられる手法は、おもに2つあります。 ・SDS法…要約、説明と続けてからまとめる ・PREP法…結論を最初に書いて、理由と具体例を挙げた後にまとめる DMでも役立つので、ぜひ活かしてください。

お客様をDMの文章に引き込む表現テクニック

DMの文章を通じてお客様に伝えたいこととは何でしょうか?一番は、サービスや商品の魅力です。しかし、いくら魅力のある商品でも、魅力が伝わらないことには興味すら持ってもらえません。

お客様のことを強く意識する

「どういうメッセージを、どういう人に送りたいのか?」という目的意識は、あらゆる文章を作るうえでの基本になります。DMを受け取るお客様になりきって考えてみると、次の2つが見えてくるでしょう。 ・どういうテイストの文章にすれば、親しみを持ってもらえるのか? ・どういう情報を提供すれば喜んでもらえるのか?

情報量の多い、具体的な文章を

長すぎる文章も困りものですが、短すぎる文章も好ましくはありません。文章には、お客様の背中を押せるだけの情報量が必要です。商品に関する情報はもちろん、「これなら私でも!」と思わせるようなメリットも盛り込みましょう。商品のマイナス面も伝える両面提示を行いつつ、利用したお客様の声も伝えるようにすると、安心感を与えることができます。

DMのレスポンス率を上げる心理テクニック

DMは私信(個人に宛てた手紙)ではありません。しかし、DMを受け取ったお客様が特別であるかのように思わせるのは、大事なテクニックです。 たとえば、お客様の抱えていそうな悩みを予測して、「○○が無くて、お困りになったことはありませんか?」という一文を加えます。これが当てはまると、「そうそう!」と共感してもらえるでしょう。DMを受け取ったお客様に「私のために」と感じてもらえれば、よい反応が期待できます。

イエスセット話法

お客様が同意できそうな話題を3つ以上並べると、本題にも同意してもらえるというテクニック。「NO!」と思われないような話題を選ばないといけません。

ザイガルニック効果

話を途中で切られると、続きが気になってしまう心理面の現象です。テレビのドラマを見ていて、感じたことがあるのではないでしょうか?続きが気になるような文章を書いて、購入や資料請求へとつなげるために有効なテクニックです。

カリギュラ効果

「否定命令効果」とも言います。ある行為を禁止されると、かえってやりたくなってしまうという心理効果です。『鶴の恩返し』のおじいさん達は、カリギュラ効果で鶴の機織りを覗いてしまいました。この心理テクニックは広告でも広く使われています。

暗黙の前提

世間の常識など、こちらが言わずとも理解してもらっているであろう事柄。コピーライティングでも応用されています。たとえば、イベントの招待状で参加が前提であるかのように話を進めて、参加する意識を持ってもらうなど。

DMのカギを握る、文章の力

DMの文章内容でレスポンス率は変わるため、書き手の力量も影響してきます。書き手に求められるのは、お客様に読んでもらい、さらに行動に移してもらうための工夫です。そのためにも、さまざまな文章テクニックを身につけて、目的によって使い分けましょう。 DM発送代行サービスのジブリックでは、レスポンス率を上げるためのご提案もさせていただきます。お客様のお悩みを解決するサポートも充実しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン