効果を上げるDM発送術

DM発送にベストな封筒は?

DM(ダイレクトメール)を発送する封筒に多く使われている、紙封筒や透明ビニール封筒。目的に応じた封筒の選び方でDMの効果も変わってきます。DM発送の封筒選びについてご紹介します。

封筒のサイズを変えると受け取る人の印象も変わる

一般的によく使われる紙封筒は、既存のお客様や会社案内には最適。しかし新規のお客様や、商品の案内・イベントやセールの案内などは、透明ビニール封筒がおすすめです。 中身の見えない紙封筒だと開封されない場合も。その点、透明ビニール封筒は中身が見えるので開封率がグンと上がります。雨の日の配送でも中身が濡れる心配がありません。さらに、封筒のサイズにこだわるとさらに訴求力アップ。 封筒サイズ別の特徴を紹介しますので、参考にして、より効果的なDMを送ってみましょう!

扱いやすい長形3号の封筒

長形3号(長3)は定型郵便規格の中で最大のもので、一般的に最も多く使われているサイズ。縦長でA4の3つ折りが入るサイズなので、新サービスや新商品、新店舗、セールの案内などのDMを送付するのによく使われています。 印刷効率のよいA4のチラシなどを折って入れることで、DMのコストを抑えることが可能です。大量にDMを送るなど利用頻度が高いのも特徴のひとつ。

インパクトのあるDMを送るならA4封筒

A4サイズを折らずに入れることができるサイズの封筒。コピー用紙やFAX用紙など、一般的に広く使われている馴染み深いサイズです。 ハガキサイズの4倍の面積があるので、情報もたっぷり載せることが可能。パンフレットやクーポンチケットなど、折り目を付けないほうがよいものの送付に適していて、新規のお客様にもインパクトのあるDMを送ることができます。 さらにA4サイズの原稿は印刷効率もよいためコストを抑えることが可能です。A4透明ビニール封筒の使い方としてDM以外に、クリアファイルとして使ったり、そのまま書類の運送にも利用できます。

シンプルで力強いDMを送るならB5封筒

B5封筒は、A4よりひとまわり小さいサイズで、カタログなどの送付に多いサイズの封筒です。会社案内、店舗や商品のチラシなどに用いられますが、用途はさまざま。情報量は少ないですが、その分シンプルで力強く情報を伝えることができます。 ちなみに、B判は日本独自の規格で明治以降、政府の公文書のサイズとして使われ、戦後も帳簿類の寸法として長く使われてきた歴史があります。

透明ビニール封筒の種類

透明ビニール封筒は、素材ごとにOPP(延伸ポリプロピレン)とCPP(無延伸ポリプロピレン)の2種類に分類。OPPは単価が安いためDMに、CPPは破れにくいのでカタログなど厚手のものの送付によく使われます。厚さも20ミクロン~60ミクロンと送るものによって、ビニール封筒の厚みを選ぶことができます。

透明ビニール封筒でDM効果をアップ

DMの封筒として、透明ビニール封筒はぴったり。中身が見えるというメリットを生かしして開封率を上げることが期待でき、コストも削減できます。送るものに合わせて、封筒のサイズをしっかり選びましょう。 ジブリックでは、透明ビニール封筒によるDMの発送に対応。オリジナルサイズの透明ビニール封筒制作のご相談も承ります。お客様満足度優先のジブリックをぜひご利用ください。

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン