効果を上げるDM発送術

DMの反響率を上げる春の挨拶例文

DMの反響率を上げる春の挨拶例文 春は別れや新しいことが始まる季節。春に合わせたDM(ダイレクトメール)の挨拶例文と、気をつける点をご紹介します。 >>DMの反響率を上げる夏の挨拶例文をチェック >>DMの反響率を上げる秋の挨拶例文をチェック >>DMの反響率を上げる冬の挨拶例文をチェック

春にだすDMはいろんなはじまりが挨拶となる

春は、何かと新しい生活や仕事などの動きが発生してくる時季。また、寒さも和らいでくる時季から、そのような挨拶文を盛り込むとよいでしょう。3月~5月の挨拶文をご紹介します。 >>DM(ダイレクトメール)おすすめの文例をチェック

3月のDM例文

下旬頃から春の草花が咲き始めて、暖かい日がだんだん増えてくる3月。しかしまだまだ寒さは残っていますので、その点に触れましょう。

冒頭の挨拶

「ようやく春らしくなり、木々の芽もふくらみ始めてきました。」 「冬の寒さが少し緩んできましたが、いかがお過ごしでしょうか。」 「暦では春分を過ぎましたが、今年はまだ肌寒い日が続いております。」 「陽春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」

結びの挨拶

「寒暖の差が厳しい季節、何卒ご自愛ください。」 「寒さがまだまだ残っております。お風邪などひかれませんようお気をつけください。」 「まだまだ花冷えする季節、暖かくしてお休みください。」

4月のDM例文

桜が咲き、新緑がきれいになる4月。下旬にもなると春の終わりは近いと感じさせます。

冒頭の挨拶

「春の暖かな日差しが心地よい毎日となりました。」 「先月までの寒さがうそのように、暖かな毎日が続いております。」 「いつの間にか葉桜の時期になってまいりました。」 「春の気配がようやく整ったようですが、お元気でいらっしゃいますか。」 「葉桜の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」

結びの挨拶

「季節の変わり目でございます。お体など大切になさってください。」 「陽光うららかのみぎり、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。」 「春爛漫をご満喫なさって、ご活躍のほどお祈り申し上げます。」

5月のDM例文

日差しが強さを増してくる5月。お子さんがいらっしゃる家庭では遠足や運動会を迎え、少しずつ夏が見えてくる季節です。

冒頭の挨拶

「日中は汗ばむ陽気となってまいりました。」 「気持ちの良い五月晴れが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。」 「新緑がたいへん美しい季節となってきました。」 「新緑の候、ますますご活躍のことと存じます。」 「木々の緑が目にまぶしく映る今日この頃、元気でお過ごしでしょうか。」

結びの挨拶

「過ごしやすい季節となりましたが、何卒ご自愛ください。」 「梅雨入り間近でございます。どうぞお体を大切にお過ごしください。」 「木の芽どきは体調を崩しやすいと申します。お体大切に気をつけてお過ごしください。」

春のDM送付で気をつける点

春のDM 春(3・4・5月)の季節は、以下のようにさまざまな行事があるため、そのタイミングに合わせたDM発送を心がけましょう。 3月 ひな祭り、ホワイトデー 4月 入学式 5月 母の日

春のDM発送のタイミング

各種行事の準備が整ってからDMを送付したのでは、間に合いません。DMを前もって先に送付し、タイミングを見計らって少し前に2回目の送付をおこなえば、お客様に十分アピールできるでしょう。

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン