効果を上げるDM発送術

OPP袋(透明封筒)の気になる開封率とは?

DM(ダイレクトメール)の効果を測る指標の一つ、開封率。OPP袋は、紙封筒のDMと比べて開封率が高いと言われていますが、なぜでしょうか?その理由をまとめてみました。

OPP袋で送るDMの開封率が高い理由

OPP袋とは、延伸ポリプロピレン(oriented polypropylene)を用いた透明の封筒のことです。OPP袋以外にも、「OPP封筒」、「透明封筒」、「ビニール封筒」、「クリア封筒」などの名前で呼ばれています。

透明で中身が見える

OPP袋と紙封筒の一番の違いは、封筒自体が透明なため、外からでも中身が見える点です。紙封筒の場合、お客様に開封してもらわなければ、DMの中身を知らせることはできませんが、透明なOPP袋の場合、DMを受け取った瞬間に中身が見えます。 そのため、紙封筒よりお客様の好奇心を刺激しやすく、開封率も高くなるのです。

さまざまな印刷に対応

OPP袋は、グラビア印刷やオフセット印刷、箔押し印刷など、さまざまな印刷に対応しているため、企業のロゴを入れたり、カラフルで見栄えを良くしたりすることが可能です。 見た目にこだわったDMはお客様の関心を引くので、OPP袋は新商品の案内や、不動産の案内などの街頭配布にも最適と言われています。

DMの開封率をさらに上げるには?

紙封筒と比べて開封率の高いOPP袋ですが、工夫次第でもっと開封率を高めることができます。

ティーザーコピー

ティーザーコピーとは商品の断片的な情報を見せることでお客様の関心を集める手法です。封筒の表面など、目立つ場所に特典や期間(数量)限定など、お客様の興味をそそるような情報を見せ、DMの開封につながることが期待できます。 ティーザーコピーは両面から見える必要があるため、どちらから見ても目に入るようにしておきましょう。

DMのデザイン

OPP袋で送るDMは、見える中身によって反応が大きく変わって来るので、優れたデザインが求められます。素人が撮った写真やイラストでは、どうしても見劣りするので、商品をより魅力的に見せる場面を想像して撮影しましょう。

発送の時期

DMを送るタイミングによってお客様の反応も変わってきます。たとえば、ボーナスが出る1カ月前ならば、まだボーナスの使い道も決まっておらず、商品を買う余裕もあるでしょう。 DMを読む時間のある週末に届けたいならば、水曜日か木曜日に発送するのがベストです。お客様の生活を想像しながら、DMの発送時期も合わせましょう。

開封率の高いOPP袋でDMを作成しましょう

紙封筒と比べて開封率の高いOPP袋は、DMの効果を上げるために有効な手段です。「内容には自信があるのに、開封率がいまいち…」というお悩みのある方は、ぜひその高い効果を実感してみましょう。 DM発送代行のジブリックでは、DMお申し込みの際にOPP袋を同時購入していただくと、WEBサイトの価格から割引いたします。DMの効果を最大化し、時間とコストを節約したい方にオススメです。気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン