効果を上げるDM発送術

透明封筒を使ったDM(ダイレクトメール)で注意すること

透明封筒には、紙封筒とは違ったメリットがありますが、使い方を誤れば、思わぬデメリットをもたらすことがあります。気をつけるべきポイントはどこなのでしょうか?今回は、透明封筒のDMの注意点についてまとめました。

既存のお客様に送る際の注意点

透明封筒の最大の利点は、外から中身が見えることです。既存のお客様に透明封筒でDMを発送する場合は、インパクトの強い告知を封入しましょう。魅力的なキャンペーンや文字が見えれば、開けたくなるのが人間の心理です。通常のキャンペーンの場合は、紙封筒を使っても、大差はありません。 ただ、既存のお客様の中でも休眠客 (離れてしまっているお客様)にDMを発送する場合、透明封筒は「売り」のイメージが全面に出てしまいます。休眠客を呼び戻すためには、落ち着いたトーンのDMが望ましいので、紙封筒の方が有効と言えるでしょう。

新規のお客様に送る際の注意点

透明封筒は中身が外から見える分、インパクトが強くなります。しかし、DMのイメージを前面に押し出してしまうデメリットも。 新規のお客様も、知らない会社からあからさまなDMが送られてきたら、開封する気が無くなるでしょう。新規顧客にDMを送る際は、紙封筒に入れた方がいい場合があります。

何とか担当者まで届く工夫を

会社宛てのDMの場合、透明封筒のDMだと、事務員の判断で捨てられてしまうことがあるため、担当者まで回らないことも。 その点、紙封筒の場合は、中身を開封するまで分からないので、担当者まで届ける必要がでてきます。ただ、担当者に届いたとしても、開封してもらわなければ意味がありません。キャッチコピーや特典などを封筒に印刷することにより、開封率を上げる努力をしましょう。

DM発送ならジブリック

透明封筒には多くのメリットがありますが、発送先のお客様によってはデメリットになることもあります。送付先が既存のお客様なのか、または新規のお客様なのかをきちんと把握し、透明封筒と紙封筒を使い分けましょう。 DM発送代行のジブリックでは紙封筒と透明封筒、両方でDMを発送することが可能です。過去の経験と実績から、それぞれのメリットを最大限に発揮できるようなDM作りをサポートします。DM発送をお考えの方は、ぜひご利用ください。

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン