効果を上げるDM発送術

紙封筒とビニール封筒の効果の違いは?

DMを発送する際に迷うのが、DMを入れる封筒の種類です。封筒には、紙封筒とビニール封筒の2つがあります。この2つにはそれぞれ異なる効果があるので、送付先によって使い分けるのがおすすめです。それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

紙封筒とビニール封筒の大きな違い

紙封筒とビニール封筒の違いは、何といっても中身が見えるか否かです。外から中身が見えるのと見えないとでは、受け取った側の心理が大きく異なります。送付先によってどちらを使うべきなのでしょうか?

紙封筒の効果

紙封筒は一般的な封筒ということもあり、無難な印象を与えます。紙封筒のDMは、どんなお客様に使うべきなのでしょうか?

休眠客を引き戻すには紙封筒

既存のお客様の中でも、手元から離れてしまっているお客様を「休眠客」といいます。休眠客を取り戻すためには、紙封筒でのDM発送が最適です。 ビニール封筒だと「売り」が全面に出てしまうので、受け取り側が辟易してしまう可能性があります。紙封筒を使用することで、「売り」のイメージを和らげることができるので、休眠客へのDMには紙封筒を使いましょう。

新しい顧客獲得には紙封筒がおすすめ

新規のお客様を獲得する際には、紙封筒を使いましょう。「ビニール封筒の方がインパクトがあるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、ビニール封筒だとすぐにDMだと分かってしまいます。 知らない会社からいきなり自己主張の激しいDMがきても、お客様は敬遠してしまうので、まずは紙封筒でDMを送りましょう。

ビニール封筒の効果

ビニール封筒には独自のメリットがあるので、適した条件の下ではDMを発送することによって、大きな効果を発揮します。

開封率が高い

一般的に、ビニール封筒は開封率が高いと言われています。魅力的なキャンペーンや特典が外から見える場合、受け取るお客様はすぐにDMを開封したくなるでしょう。 金券や割引券をオファーすることも効果的です。外から中身が見える強みを生かしましょう。

防水性に優れる

ビニール封筒は防水性に優れています。雨の日に発送しても、中身を傷つけずに届けることが可能です。発送する日の天気を選ぶ必要がないのは、ビニール封筒の強みと言えるでしょう。

発送コストが安い

ビニール封筒は、印刷費・印刷の手間・送料などのコストが安く済むため、DM発送コストは紙封筒よりも安くなります。

DM発送ならジブリックにおまかせ

紙封筒とビニール封筒には、それぞれに長所と短所があるので、それぞれの強みを活かしながら、お客様によって使い分けていきましょう。 ジブリックでは、紙封筒とビニール封筒の両方のDM発送に対応しています。発送代行をご依頼いただいた方には、ビニール封筒を5%OFFで提供しておりますので、大変お得です。豊富な発送実績と経験から、最適なプランをご提案いたしますので、ぜひご利用ください。

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン