効果を上げるDM発送術

ポスティングとダイレクトメールの違いって?

ポスティングとダイレクトメール(DM)の違いをご存知ですか?どちらも商品やサービスの情報を提供する手段として使われますが、それぞれメリットとデメリットがあります。では、ポスティングとダイレクトメールの違いとは何でしょうか?

ポスティングとは

ポスティングとは、商品やサービスの宣伝のために「チラシを郵便受けに直接投入すること」をいいます。一人一人の単位でターゲットを絞ることはできませんが、住まれている方々のポストに直接投函していくので、一戸建て・集合住宅・ビルなどといった建物単位や地域単位で配布エリアを絞ることが可能です。 ポストに直接投函する方法をとるので、目立つデザインのもので手に取った方の目を惹き反応率を上げることができます。

ダイレクトメールとは

DMと呼ばれているダイレクトメールは、郵便・メール・FAXなどで送られるもの。目的は、ターゲットをピンポイントで狙って商品の販売促進を行うところです。ダイレクトメールで限定の割引やサービスを打ち出すことで、受け手にメリットやお得感を感じさせることができます。 >>ダイレクトメールとは何か?をチェック

ポスティングとダイレクトメールとの比較

ポスティングとダイレクトメールとの比較 ポスティングとダイレクトメールには、郵便受けやポストに投函されるという点で共通点があります。住人がポストに入っているチラシを確認することで、商品購入や企業への関心・理解につながるのですが、ポスティングとダイレクトメールの具体的な違いはどこにあるのでしょうか?

費用と負担でみる違い

ダイレクトメールは発送代行サービスに委託することが多いので、委託にかかる費用が主になります。一方、ポスティングで直接ポストに投函する方法では、発送にかかる費用は発生しません。 しかしポスティングの場合、ダイレクトメールと同様の反応率を得たいなら、その数倍のチラシを送らなければならないので、発送を委託する場合はダイレクトメールよりも費用がかかります。直接ポストに投函する場合も、多くのポストを回らなければならないので、負担は大きくなります。

閲覧率でみる違い

ポスティングはターゲットを絞らずに配布する形なので、読まれずに捨てられてしまうことが多いのですが、ダイレクトメールはターゲットを絞って発送するので閲覧率は高くなります。 また、ダイレクトメールではターゲットの年齢層・性別などによって送付内容を変えることができるので、閲覧率だけでなく商品購入率も大きく上げることができます。 >>開封率の高いDMの作り方をチェック

トラブルになることも?

ポスティングは不特定多数の住人のもとへ投函するので、クレームに発展する可能性があります。特に同じお客様に対してポスティングをしてしまうと、トラブルにつながることが多いので、投函の際には注意が必要です。 一方ダイレクトメールでは、発送先を絞っているのでクレームにつながるリスクはあまりありません。また、ダイレクトメールは発送されたかどうかをチェックできるので、配布状況も確認できるようになっています。

両商品のメリット・デメリットを理解しましょう

ポスティングとダイレクトメールにはそれぞれ向き不向きがあるので、より効果的な方法を選びましょう。たとえば、お客様のリストをもっている場合や反応率の高い広告をしたい場合、客層が限定される商品を宣伝する場合には、ダイレクトメールがおすすめです。 一方、お客様リストがなく、多くの客層をターゲットにすることができる商品の宣伝にはポスティングも効果的です。商品や業種によって適した配布方法が異なるので、じっくり考えてみましょう。  

ダイレクトメールの安心発送ならジブリック

ポスティングは、地域を絞って配布することが可能ですが、購入率・開封率を考えると、時間とコストが大幅にかかるというデメリットがあります。トラブルのリスクを避けてお客様にアプローチするには、ダイレクトメールがオススメです。 ダイレクトメール発送代行サービスのジブリックでは、発送状況を確認できるので重複発送を防ぎ、効率的にダイレクトメールを発送することができます。プライバシーマークの取得はもちろん、発送証明書も発行しているので管理体制は万全です。ダイレクトメールを大量に発送したい場合は、ぜひご活用ください!

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り

DM送料値下げキャンペーン