効果を上げるDM発送術

【DM発送:発送件数で分析しよう!】

こんにちは。 ジブリックの営業担当です。

テレビや学力テストなど、 様々な分野にて「平均値」や「基準となる数値」があります。 これを「しきい値」もしくは「閾値(いきち)」と言います。

DM(ダイレクトメール)で言うと、 「どのくらいの件数であれば分析時の基準値(レスポンス率)が分かるのか」ですね。

例えば「視聴率」の平均を計る際、ビデオリサーチでは6600人、 NHKでは3600人を対象に調査を行えば、基準がとれるとされているそうです。 言い換えると、100人を対象に調査をすると大きく偏ってしまい、 平均値が出ないわけです。

実は、DM発送の際にもしきい値があるんです。

DMを発送した際の反応率や反響の平均をとる際、 「2000通」を送れば平均がとれるそうです。

それは何故か。 うーん、私にも分からないです(笑)

100通を20回に分けるのも良いですが、一気に送った方が良いでしょう。 データの精査や広告物の準備が大変な場合は、1000通を2回という感じです。

上記、参考にしてみてください。 2,000通発送で5件の反応があった場合、 「6,000件発送すれば15件の反応が見込める」といった具合ですね。

ルーチンワークでDMを発送されている場合、さらに興味・感心を持つことができ、 DM発送に関する業務がとても楽しくなるかも知れません。

illust3241

著者: ジブリック

是非、お見積りフォームよりご相談ください。
一緒に経費を削減していきましょう!

オンラインお見積り