ホーム > 効果を上げるDM発送術一覧 > 宛名ラベルの製作過程について~その1~

効果を上げるDM発送術

宛名ラベルの製作過程について~その1~

いつもDM発送代行のジブリックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、弊社でいつも行っております、宛名ラベルの製作工程をご案内します。

お客様からお預かりしたエクセルの宛名データをラベルに印字するのですが、
ジブリックでは、これまでの実績をもとに幾つものチェック工程を用意しています。

まず、お預かりしたエクセルデータは担当の営業スタッフがチェックします!
ここでは、お客様にご判断をして頂かねばならないものについて主にチェックをしていきます。

●不要なデータを削除します。
(データにIDなどが入っている場合は、ラベルに印字する項目の確認。)
●番地がない、宛名がないなどの不備のデータの発見。
●文字化けが起こっているものの発見。
●関数を使って重複発送先の発見。
等々です。

そこから、複数枚のエクセルシートにわかれている場合は、封入パターンごとに精査して
できるだけ少ないシートにまとめていきます。

エクセルの関数や検索を利用しながら、データはかなり細かく丁寧に見ていきます。


特に重複のチェックは行わないと同じ方に2通、3通と届くことで逆に失礼に
あたりますので、必須だと思います!

この内容も発送料金に含まれており、恐らくここまでのサービスは他社にはないと思います!


DM発送の際にジブリックをお選び頂く1つのポイントだと思います!



著者: ジブリック