ホーム > 効果を上げるDM発送術一覧 > 宛名ラベルの製作過程について~その2~

効果を上げるDM発送術

宛名ラベルの製作過程について~その2~

いつもDM発送代行のジブリックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
前回に引き続き、宛名ラベルの製作工程をご案内します。

前回のブログの<宛名ラベルの製作過程について~その1~>で営業がチェックした
データを今度は業務スタッフがチェックします。

業務スタッフのチェックは宛名ラベルに対して、きちんと文字が切れることなく、
適度な文字の大きさで印刷できるようにレイアウトを調整することや、
仕分けの際に必要となる、ヤマト運輸の営業所コードの印字を行います。

たまにクロネコDM便が届いた時に、お名前の右上などに、00-00-00など6ケタの数字が
印字されていることがあると思います。あれが営業所コードなんです。

郵便番号ごとに、どの営業所が配達するか決まっていますので、そのコードを印字し、
そのコードごとに仕分けをしてヤマト運輸に渡します。

ですので、きちんとした郵便番号がデータに入っていない場合は、
営業所コードが印字できない為、郵便のソフトを使って
弊社にてきちんとした郵便番号に変更することも行っています。

こうした細かい業務を積み重ねることで、ヤマト運輸でもスムーズに配達ができ、お客様からご依頼頂いたDMが遅滞なく届くことになります。



DM発送をご検討であれば、是非ジブリックにお任せください。



著者: ジブリック