ホーム > 効果を上げるDM発送術一覧 > 【DM(ダイレクトメール)に必要なもの:宛名データ編】

効果を上げるDM発送術

【DM(ダイレクトメール)に必要なもの:宛名データ編】

皆さんこんにちは。
ジブリック営業担当です。

DM(ダイレクトメール)の発送ですが、
初めて発送をされる方もいらっしゃるかと思います。
そんな企業(方々)が代行会社へ依頼する際に考える事は、

「何を準備すればいいのか」だと思います。

よくご試問を頂く、下記の事でお困りではないでしょうか。


・発送先のデータはどうすればいいのか。
・封筒はどうすればいいのか。
・中に入れる印刷物はどうしたらいいのか。


下記に弊社の体制をご説明したいと思います。


【宛名データ】
弊社の場合、
1.営業のメールアドレス宛てに、直接お送り頂く
2.弊社専用アップローダー(SSL暗号化)に入稿して頂く
3.すでにラベルに刷られた紙媒体のデータを納品して頂く


上記3パターンよりお選び頂きます。

【1.】会社宛ての場合ですと、データに個人情報は明記されていないかと思いますので、
営業担当のメールアドレスまでお送り頂ければ問題ございません。
ただ、多くの情報が漏えいするリスクを考えられる場合、パスワード付きでお送り頂くのがベストです。

【2.】個人のお名前が明記されている場合は、
メールアドレスにお送り頂くデータには、必ずパスワードを設定し、お送りください。
それでも漏えいのリスクがあると考えれらる場合は、
弊社専用アップローダーへのご入稿をおススメします。
サーバーにログインするのにID・パスワードが必要になり、
弊社へ送られてくるデータは、SSL暗号化され、データを開く際にも専用のID・パスワードが必要となります。

【3.】すでに印字をされた宛名ラベルをご支給の場合、
直接お持ち頂くか、宅急便や宅配便で納品して下さい。
ここで注意したいのが、宅急便や宅配で送る際の漏えいは、
お客様の判断で招いた事となりますので、弊社や運送会社は責任を負いかねますので、
十分にご注意下さい。


少し長くなりましたが、データ入稿でよくある質問をまとめました。


次回は「印刷物や封筒はどうすれば?」について書きたいと思います。

上記宛名データの入稿方法、
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。



著者: ジブリック