ホーム > 効果を上げるDM発送術一覧 > 【DM(ダイレクトメール)の不着率】

効果を上げるDM発送術

【DM(ダイレクトメール)の不着率】

こんにちは。
ジブリック営業担当です。

9月も1週間が過ぎ、現在台風が接近中です。
今回は「雨台風」だそうで、広い範囲で大雨が想定されます。
台風(大雨)や地震・火事など、ある程度災害グッズを置いておくといいですね。


さて、DMを発送すれば数通は「不着DM便」として返却されてきます。
弊社は無料でご返却を行っておりますが、不着DMが多いと良い気持ちではないですよね。

インターネットで調べると、
一般的に発送したDM(総件数)の3%~10%と言われているそうです。
※企業の住所移転・個人の引っ越しの割合は、年間10%いうデータもあります。


不着率が高い場合、不着DM便のコストがもったいないと思いますので、
一度データをしっかりと精査する必要があるかと思います。

※以前弊社で発送した5,000通のDMですが、
10年前のデータであった為に3,000通程不着DMとして返却されてきた事例もあります。

精度の高いデータを作成し確実に届くように、またコストの削減ができるようにしていきましょう。


【転居先への配達】
ヤマト運輸のDM便は転居先には転送されませんが、
郵便局が配達をするゆうメールは転居先へも配達されます。
DM便よりもコストは掛かりますが、弊社も取り扱っている商品です。


その他の内容でも大丈夫です。
電話やメール、何でもお気軽にご相談くださいね。



著者: ジブリック